高千穂シラス

二重土台の家

Share Button

石場立てではないものの、法規上、基礎の上に土台を敷きその上に換気口を設けて、またその上には床土台を柱に差し込んでいる。土台を二重にすることで柱脚を固め、耐震効果を発揮している。
A01
基礎 ー土台ー換気口ー床土台ー通し貫 という造りが特徴的です。

A02
柱から突出したほぞは長く、材木と材木とに一体感が生まれている。

A03
勾配天井で空間は広く、自然のかおりが漂う。

A04
手洗いカウンターに欅材を使用。新建材を嫌がるこだわり。

A05
階段(手加工)総桧造り

 

そとん壁

高千穂シラス

高千穂シラスのそとん壁  着色なしの自然素材

シラス台地の火山灰を主原料としています。

ペンキ仕上の様な塗替えを必要としません。

 

 

 

Share Button
Posted in 施工事例.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です