石場立て伝統工法 (県民交流広場)

Share Button

石の上にトンと乗っているのがよくわかる、石場立て伝統工法。本物の日本建築と呼ぶにふざわしい造りです。
IMG_0435
日本建築 石場立て伝統工法

IMG_0448
四寸×一寸の杉板を四枚重ね、人工的に曲線を造り、登り梁と幕板を太柄(だぼ)により合成にする。もちろんボンドは無し。小さな材で大空間を演出できる。

IMG_0590
無垢の杉、床には地松の厚板(30ミリ) 木と土だけで構成

IMG_0597
吹き抜け

Share Button
Posted in 施工事例.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です