NCM_1269

軒先

Share Button

 

NCM_1268

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく、土壁が乾き焼板を張っています。

軒下は、真壁になるので軒は深く出します。

伝統構法建築は、軒の深さも特徴で、夏の日差しを遮る役目を果たします。

家のバランスも軒が深いことで、かっこいい姿に見えますね。

外部も木が出ていますので軒が深いことで雨掛かりを、軽減します。

こういった配慮が昔からされてきました。

現代のロ-コスト住宅は軒がない住宅も多く私には、ブサイクに見えます。

 

 

無垢材の床

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内部の造作工事にも取り掛かり始めました。

当然オール無垢材仕上げであります。

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です