貴重なガラス

古民家再生調査

Share Button

先日、古民家再生の調査に行きました。

100坪をはるかに超える大邸宅でした。

築130~150年といった所でしょう。

骨組み自体はまだまだ健在。ずしっとした感じで、大きな大黒柱(八寸角)があり、中二階(物置)

の典型的な古民家。

下屋廻りの屋根が、朽ち果てておりましたが、15年ほど空き家だったことを考えると想定できます。

 

 

古民家

 

 

中庭から、木が伸びて屋根を押し潰していましたが、これも植物の生命力の強さですよね。

空き家にしている間に、がんばっちゃったのか?

 

古民家再生

 

屋根が落ちてますが、お風呂です。

昔は、ユニットバスなどないので木のお風呂

 

僕も、小さい頃は、もっと古い五右衛門風呂

に入っていました。

 

 

 

古民家

大きな大黒柱に胴差し・差し鴨居が突き刺さり

伝統構法が成り立ちます。

建具間仕切りで、壁はほとんどありませんので

これが効いてくるんです。

今は、通常壁量計算などでいくため、壁の量

が少なければ、建築確認を下すのが大変ですが

この様な築100年を超える民家が現存するんです。

 

 

壁などなくても、しっかりとした木組みで、大工の魂を吹き込めば何の問題もないのに・・・・

役所の審査には、ため息ですよ。まったく。

流行の省エネ住宅に補助する位なら古いものにならって、伝統構法の普及に助成してほしいものです。

 

 

貴重なガラス

 

硝子に、富士が刻まれています。

何とも言えないいいアジが出ています。

もちろん手造りです。

 

今これを求めるといったいいかほどの価値

になるか?

 

 

 

 

新しいものを開発することも大事ですが、古いものに習うこともそれ以上に大事ではないでしょうか?

この古民家が今後どう生き残っていくのか見守りたいものです。

 

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です