伝統構法 大黒柱

完成見学会  開催中

Share Button

 

 

石場建て伝統構法の家 津山現場完成見学会開催中です。

現在、左官仕上げが残っておりますが、4月上旬まで随時開催いたします。

自然素材、国産材(杉・桧)にこだわり10か月の時を経て堂々、完成です。

土壁と木組みが表し(化粧)となり、100年先も、どっしりと存在することを確約致します。

この期に日本の伝統構法を体験してみてください。

 

 

 

伝統構法

外壁は高千穂シラスのそとん壁

 

伝統構法

土間からの、靴脱石(280㎏)

 

伝統構法

玄関式台  桧の厚板の間に竹を差し込みました。

 

伝統構法

式台厚み弐寸

 

伝統構法

階段総檜

 

伝統構法

八寸の大黒柱

 

伝統構法 大黒柱

二丁差し

 

伝統構法  登梁

地松の登り梁

 

伝統構法  肘木

肘木と鼻栓

 

伝統構法 鼻栓

込栓・鼻栓・割栓

 

伝統構法  透かし廊下

渡り廊下

 

伝統構法

洗面台も大工の造作

 

伝統構法

ハーフユニットで上部は葉枯しの赤杉(愛知産) 入浴中も癒されます。

 

伝統構法

総檜の階段

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

常時、現場にいないので見学会は予約制とさせていただきます。

興味のある方は、  TEL 090-2352-5465  四代目 尾上まで ご連絡ください。

詳細はその際にお伝えいたします。

 

 

 

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です