伝統構法

建て前準備

Share Button

刻み工程が終わり仕上げしています。

刻み三ヶ月。  来月からは現場で基礎工事に入ります。

その後、天気と相談しながら棟上げします。  五月下旬予定。

今回は、「雇い」を多く使用しました。

毎回ですが、ホソが長いので建て前がスムーズにいかず、難儀していましたので

この仕様で、攻めていこうと、企んでいます。

 

 

伝統構法

 

尾上組ではバカ棒と呼んでいます。  ひかり棒と言うんですかね?

 

伝統構法 楔

 

伝統構法 鼻栓

 

伝統構法 シャチ栓

 

伝統構法 雇い

柱頭の割楔は柱の数だけありますので

今回は約70本

伝統構法 雇い

 

伝統構法 太柄

 

 

 

 

鼻栓はブーメランカット。

これがよく効くとのことで・・・

 

 

 

 

 

 

雇いホソが多いので、シャチ栓も大量です。

 

 

 

 

 

 

 

どこでも、使えるわけではないので

番付して、振り分けます。

 

 

 

 

 

桧が良いのか?松がいいとも?

 

 

 

 

 

 

 

伝統構法 太柄

 

ボルトを一本も使わないので、上の様な部材がいります。

木と木の組み合わせで、100年後も、しっかり地震に持ち応えます様に。

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

石場建て

 

 

伝統構法

 

 

 

 

 

Share Button
Posted in おしらせ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です