長期優良住宅??

Share Button

 最近、長期優良住宅と言うフレーズを、よく耳にされると思います。

 そこで、長期優良住宅とは、いったいどんなものなのか?

   と、思いませんか?

  国土交通省の、基本方針は、

 「いい物を、作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」

  ごもっともです。

 戦後、焼け野原になった日本は、夜露をしのぐ為,急速に住宅が建ちました。

 復興に向け良いも悪いも1日も速く。

 こういった背景の中、住宅はプレハブ化に突入。

  と言うのが現実でしょう。

       速く出来上がったものは、速く壊れる。

       手間隙を掛けたものは,長く使える。

 住宅30年寿命の時代の中,やっと,住宅の価値に耳を傾ける時がきました。

 オノウエハウスでは、以前からいかに,長持ちする家を、と、取り組んでおります。

 長寿命を考えると、やはり人工的なものに頼るより,自然のものを自然に使う。

 そこに、たどり着きませんか?

       人工的に速く作ったものは、速く壊れる。

       長く自然に育ったものは、長く使える。

 住宅に関していえば、無垢材(天然木)を使えば長く使えるということなのです。

 構造に関しても、木と鉄(相性が悪い)を使えば長く持たないんです。

 なぜなら、鉄は、木のもつ水分で、錆びてしまうからです。

 これで、長寿命といえますか?

 伝統木構造というのは、木組みによる住宅。

 歴史が、語るように木組み(伝統工法住宅)の建物は、長寿命ではありませんか?

 何百年と存在するじゃありませんか。

 手間隙を掛けた住宅は、長持ちするのです。

 ところが、国は伝統工法住宅を長期優良住宅に認定しようとしない。

      なぜ?

      なぜ?

      なぜ? 
 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です