大工の仕事

Share Button

   刻み仕事が始まりました。

墨付け

刻み

 刻みと言うのは,プレカット(コンピューター制御)で骨組みを加工するのではなく

 大工による手加工で材木を加工し,棟上げ(建前)までの準備をすることです。

 現在は、プレカット(コンピューター制御)加工が、当たり前で90%を軽く超えています。

   では、なぜ、プレカット(コンター制御)が多いのか?

 それは、やはり第一は、値段の安さが上げられます。

 また、最近の建築は工期が短く2.3ヶ月ほどで、引渡までしてしまいます。

 そういうことを考えると、プレカット(コンピューター制御)が、支流になるのは、

 当然の流れかもしれません。

  と言うのも、プレカット(コンピューター制御)は、刻み加工を1軒(40坪)あたり

 一日で加工してしまいます。

 オノウエハウスは1軒(40坪)なら、二ヶ月は掛かります。

   なぜ、オノウエハウスはこの刻みの作業に手間を掛けるのか?

刻み

 私たち、オノウエハウスは、この刻みの作業こそが大工の本来の仕事と考えます。

 プレカット(コンピューター制御)では、まねの出来ない仕事です。

   「より長寿命な家」 と考えると,木組みによる骨組みが重要となり、

 材木と材木とを吟味しながら適材適所に配置し、またその材木の特性を活かさなければい

 けません。

  やはり、ここでは人間の経験が物を言うのです。

 コンピューターは正確ですぐれているが、さすがに大工の目には、かなわない。

  材木も人間も同じで、その固体のもつ「癖」があるのです。

 集成材とは違い、無垢(自然)の材は、曲がります。痩せます。太ります。

  その曲がり(癖)を利用するのです。

 柱のように垂直に立つ材は、そうでもないのですが、横架材は、水平になるので

 重力により、横に加重がかかります。

 木の曲がりが下向きだったらどうなるでしょう?

 本来の木の曲がり(癖)が下向きでそれに加えて重力がかかってしまう。

      非常に悪い条件です。

 重力(加重)に逆らうように、材木を使うということです。

  まさに、適材適所です。

 こういったことが、大工の経験、プレカット(コンピューター制御)では、出来ません。

  たしかに、プレカット(コンピューター制御)のような、単価では出来ませんが、

 家は大きな財産ですので、価値ある家を建てていただきたい。

  
  オノウエハウスは、手刻みに「こだわり」をもち、日々努力を重ねております。

 

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です