太陽光発電

Share Button

 平成24年7月より太陽光発電の全量買い取り制度が、国土交通省より導入され

我が家でも、この制度を利用し、大屋根全面に太陽光パネルを設置しました。

全量買取制度

通常は、余剰電力(お家の電気をまかない余った電気)を電力会社が、買い取るのですが、

全量買い取り制度を利用するには、10kw以上の設備投資が必要となります。

幸い我が家は、屋根面が東西に向いており、全面に乗せることが出来ましたので16kw

大容量の太陽光パネルを設置することができたのです。

 この制度の特徴は、20年間固定買取(1kw=42円)ということです。

概算で、10年で投資回収して残りの10年を収入にするということです。

 よく元がとれるのか?と聞かれますが、最近では、あらゆる企業が、先を争って

太陽光発電事業に取り組んでおります。ソフトバンクが、早くにメガソーラーとか言って

世間をにぎわせた事を記憶しております。

 現在、太陽光発電は、少し辛めに見ても、投資金額の約、倍位は、手元に帰ってくる

のではないでしょうか。もちろん私も今年からなので、20年後の結果は確実なもの

ではありませんが、世の中の流れ的にもおおむね合っていると思います

 また儲かる儲からないもありますが、原発問題・Cо2削減などエコロジーが

叫ばれるなか、国を挙げて自然エネルギーを活用するという事は、必要不可欠だと思います。

 私が、もう一つ気に入ったのは、太陽光パネルを設置することによって、(屋根の場合)

大きな断熱効果が期待できるという事です。

ひとによっては、体感温度で10℃という人もいらっしゃいました。

これは、大げさかもしれませんが、クーラー無で寝れるかな?と期待しております。

これもまた省エネにつながる訳です。

 しかし、この制度は今年(平成25年)の3月中までです。

来年度は、見直されるため、国土交通省のさじ加減となる訳です。

今や、太陽光発電は、ブームでもありますので施工業者の数も半端なく増えています。

中には、悪徳と呼ばれる業者も存在すると聞きます。

 太陽光発電導入を考えている方は、慎重に業者選びをして下さい。

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です