新伝統構法 建前え

Share Button

  久しぶりの建前えです。

 今回は、工期・予算的に土壁無し

 悲しいばかりです。

 日本建築は、やはり木と土を多用しなければいけないと考えます。

 木は、見た目に柔らかく・美しい、使いようでは力強く・たくましく。

 土壁を施工することで、調湿効果・断熱効果が高く、防火性にも優れています。

 
尾上組

差し鴨居

建築基準法順守

  土壁を施工しないといっても、木組みは変わりません。

  金物は使わず、差し鴨居で制震効果。

  建築基準法順守の為、筋違いは、入れました。

 存在感

 
  中の仕上がりは、真壁で左官仕上げ(ボード下地)の予定です。

  

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です