巧の技術

合成梁 改

Share Button

 前回の合成梁りを改良し、より強度が出るであろうと試行錯誤の最中であります。

伝統構法

込栓打ち

木組み

大工

 前回から改良した点、形は一緒ですが、組梁と登り梁を、より強固に接着したこと。

 これは、建前の時にも施工効率が上がり、また頑丈に仕上がります(予想)

 大工職人は、常により良いものをと日々努力、試行錯誤を繰り返しています。

 また、そうでなければいけないと思います。

 これからも、精進してまいります。猛暑が続いてますが、体調管理に心掛けましょう。

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です