「100周年記念感謝イベント」開催決定。

尾上組は、創業100周年を迎えます。日本古来の伝統的な建築業で創業し、現在で四代目棟梁。(代表は三代目社長)いまも土壁や石場建てなど、その技術を継承しています。100年もの間、ほぼ同じ工法を続けてきた大工としての誇りと、その仕事を受け入れてくださった施主様への感謝の思いを込めて「100周年記念感謝イベント」を、秋気深くなる11月6日(日)に、開催いたします。

当日は、記念セレモニー、伝統工法ミニチュアモデル展示案内、木組みパズルのタイムアタック、お笑いタレントショーなどを予定しております。施主様、地元の方々など、ふるってご参加いただけたら幸いです。
またイベントの詳細やタレントショー内容については、今後このホームページ上や、ラジオなどでの情報発信していきます。どうぞご期待くださいませ。

“尾上組 木組みおもちゃ”

棟梁から弟子へと伝えらてきた職人技術

日本には古くから木の家を造る大工の職人がいました。法隆寺が立てられたのが 1,300年前、昭和の大修理で檜に鉋(かんな)をあてると檜の香りが漂い、木はまだ生きているといわれました。さらに約6割は創建当時の材料のまま使われるという木の生命力と日本古来の技術があり、その技術は地域の機構や風土に調和したかたちで棟梁から弟子へと伝えられてきました。 昔ながらの職人の仕事がきっちり出来る大工がいてこそ、建てる事ができる家があり、『木と木の組み合わせ』による『伝統構法(伝統工法)』と呼ばれる建築構法がまさにそれです。現在、我が国では住宅のほとんどが木造軸組構法と呼ばれる方式ですが、伝統構法を簡略化・発展させた構法で在来工法(ざいらいこうほう)とも呼ばれています。伝統構法はわずかしかありませんが、尾上組が目指すのは、耐震性・耐久性にも優れるだけでなく、年月とともに趣が深まり、美しさとして熟成されていく、そのような家であり、そして日本の伝統建築を継承していくことが使命だと考えています。

“尾上組 大工募集”

若手大工を募集しています。

尾上組では大工を志す若者を募集しています。伝統的な建築構法を行う当社でこそ味わえる、大工仕事の醍醐味があります。
新築上棟の日の施主様の笑顔、それに応えるべく取り組む大工の仕事にはこの上ない喜びと感動があります。また100年以上前の建築を修復することもあり、昔の大工職人の刻んだ その仕事を見た時、心が震えます。

経験の有無は問いませんが、大工職人を目指す情熱がある方であれば、大丈夫。一緒に頑張れる仲間がここにいます。100年後の未来の人が、心震わせてくれるような仕事を残していきましょう。
ご連絡お待ちしています。尾上組まで 0790-22-6577

伝統的な棟上げ

木が本来持つ特性を生かし、梁と梁とは継ぎ手で結び、込み栓を打ち込み、柱と柱は通し貫でくさびと込み栓で固めます。

棟上げの映像はこちら

日本建築の真髄「石場立て」

『石場立て』柱の根元をアンカーボルトで緊結せず、束石の上に乗せる構法。免振構造としての役割を果たします。

詳しくは

土壁という自然素材

湿気を低減し、自然素材なのでシックハウスなどは無縁。断熱効果が肌で感じる程大きく、耐火性能・耐震性能も高い。

詳しくは