伝統構法の家  造作始まりました。

寒さも落ち着いてきました神戸現場です。

ようやく床の張るところまでやってきました。

床板は、いつもの、おぎもく製(すぎもく)30mm杉板

中温乾燥で加工精度は群を抜いています。

もちろん値段もそれなりに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断熱材にもこだわりを・・・

初めて扱う、施主様希望のフォレストボードやウッドファイバー

 

全てのものに、配慮して。

木と土で造る伝統構法の家

自然素材で作り上げる。

澄んだきれいな空気が充満してます現場見学自由でございます。

 

現場希望者様 受付中 090-2352-5465 尾上組四代目 尾上まで

 

 

土壁(発酵土)で家を造る

2月になり、寒い日が続きますが、現場では荒壁が施されています。

健康志向の方に非常に人気があると自負をしています土壁。

尾上組では、自社で土壁プールを持ち、そこでは年中、発酵土の、製造が続きます。

土壁に藁を混ぜ、よく練り、水を張って、寝かせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

効果として

何よりも、室内環境を整えること。

・調湿

・消臭

・除菌

自然素材の力を存分に頂きます。

 

 

 

 

竹小舞に両面から塗り付けて完了。

絶滅寸前ですが、尾上組ではまだまだやります。

5代目に引き継ぎます。

 

 

 

伝統構法で建てる平屋の家

平屋の家、建築中です。

現代では、建物を建てるとき、クレーン車を設置して、建前を行います。

しかし今回は、通常のクレーン車を設置するスペースが現場になく

初めて使う、ミニクローラクレーンで建前しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統の木組みをすることで自然と建物はまっすぐに建ちます。

筋交いや、金物は使用しませんが、木組みをうまくいかせるのは職人の技術力。

しっかり受け継いでいきます。

 

 

 

 

 

いつもより時間はかかりましたが、雨にも合わず上棟です。

最近は、雨に見舞われて大変な思いをしましたが、天気が味方で助かります。

 

 

土壁(発酵土)で造る伝統構法の家

年末は、バタバタしてましたが、ようやく落ち着き、土壁を塗っております。

 

 

 

 

土壁と言ったら、やっぱり竹小舞。

他の下地のやり方もありますが、両面から塗り付けて丈夫になるのは竹と土。

先人のやり方で、受け継いでます。

 

 

 

 

 

 

自社の土壁プールにて発酵させた、室内環境を整える発酵土。

その他、耐火性能や壁強度などいくつも利点があります。

発酵させることによって、粘りが生まれ最高の自然素材になります。

後世に受け継がなければならない使命と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味のある方は、見学できます。

TEL 090-2352-5465  四代目 尾上まで。

 

 

 

木と土で造る伝統構法の家 随時見学者受付中です。

姫路現場、木と土で造る伝統構法の家は、土壁の中塗り(荒壁と仕上げの間の工程)作業の最中です。

100%自然素材といわれる住宅はたくさん広告されていますが、芯の芯まで自然素材というのは

極めて稀です。

そのほとんどが仕上げの表面のみが自然素材。

それでも、良いかもしれないが、尾上組はこだわります。

最高の室内環境を追及して・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成間近・・・

興味のある方は見学ください。

 

 

 

 

 

絶滅寸前? 伝統構法刻み風景 

 

今年ももう11月に入り、朝晩は冷え込むようになってきました。

今日は、車のフロントガラスが凍ってシャリシャリです。

さて、尾上組作業場では、神戸現場の仕上げ作業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生懸命削ると、鏡のような表面になります。

 

 

 

 

仕上げた材は、汚れ(日焼け含む)養生の為、クラフト紙をふのり(海藻で造ったのり)

で貼っていきます。

まさに、この工程は、絶滅危惧種となってしまいました。

尾上組では工期が長いことや土壁を塗るので、必須となっております。

 

 

 

 

これが終われば、いよいよ上棟に移ります。

 

 

 

 

夏の終わり。朝晩は秋

今年も、はや10月に入りました。

朝晩は、肌寒くなってきましたね。

現場では、土壁(発酵土)が乾燥し、間もなく外壁漆喰塗が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

二階からは、床張りが始まります。

杉の香りに囲まれた最高空間の完成間近・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

作業場では、神戸現場の刻み中盤です。

11月には棟上げ予定ですので興味のある方は見学してください。

 

見学申し込み TEL 090-2352-5465 四代目尾上まで。

 

 

 

発酵土(荒壁土)で作る、最高の室内環境

姫路現場、やっと土壁がつきました。

もちろん、尾上組お手製の、発酵土

最高の室内環境を目指して・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸現場に向けて、土壁プールに補充します。

間もなく稲刈りも始まりますので、藁もためおきいたします。

毎度のことですが自然素材を扱うのは気持ちがいいものです。

 

現場見学・モデルハウス見学 随時開催中です。

お気軽にお問い合わせください。

尾上組四代目 尾上まで   090-2352-5465

 

 

 

 

久しぶりの投稿です。

梅雨がなかなか空けないので、準備万端の建前も延び延びになっております。

暇を持て余して、テーブル造り。

新規店舗の商談テーブルになります。

 

 

 

 

 

 

天板には、杉の一枚板

脚の繋ぎは、珍しい神代杉(珍しいので検索してください)

 

 

 

 

 

 

込み栓には、ヤフオクで購入したパープル???

名前忘れました。

紅イモのような、強烈な紫・・・

 

 

 

 

カウンターも在庫整理で造りました。

ここで、不動産事業を展開する運びとなっております。

 

 

本業では、間もなく姫路現場建前出来そうです。

 

 

 

 

 

 

10Mの地棟

 

 

 

 

次の材料も届きつつあります。

次回は建前の写真を載せていきたいと思いますので宜しくお願い致します。