集成材と無垢材

オノウエハウスでは、伝統的な建築工法を取り入れており使う木材には、特にこだわっています。
そのほとんどが、無垢材と呼ばれる、原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものを多用しています。

とはいえ、一般的には、集成材と呼ばれる木材が使われているのが主流です。

当社が加盟している「伝統木構造の会」の会長 増田一真氏は、集成材のデメリットを次のように述べています。

1.無垢材の耐用年数は千年以上もあるのに、集成材の寿命は接着剤で定まるため、おおよそ百年以下である

2.接着剤の劣化に気づかないでいると、ある日突然構造体が空中分解して崩壊する大惨事を招きかねない

3.接着剤が人体に有害なガスを発生する

4.加工する際、普通の道具では刃こぼれしてしまう

5.廃材処理に多大なエネルギーを使う

6.再利用しにくいため、木材利用率を低下させる

7.投下した設備投資の償却と独占価格のため、高価である場合もおおい

8.集成材化に伴う加工の工場化は、無垢材による大工への仕事の流れを根本から変えてしまう

増田氏は、上記を「集成材禁止提案」と言われていますが、オノウエハウスもこの考え方に同意しておりますし、日本古来の大工の仕事を継承することを使命としていますので、今後も無垢材を使っていきたいと思います。

無垢材

ホームページを公開いたしました。

ホームページを公開いたしました。

当社は、創業90年以上の建設会社です。
私は、四代目棟梁の尾上結希と申します。
かなり古くから建設業をやっているのですが、日本に古来からある木造建築を継承して、家を造っております。

いわゆる伝統構法とよばれる建築になります。
建築中の様子をよくみますと、他でよく見られる在来工法とは違う部分があることに気付かれると思います。

金物ではなく、木組みで組み合わせていくことが大きな特徴です。
詳細は、「伝統構法とは」のページをご覧いただければと思います。

この伝統構法、耐震強度に優れ、また長寿命も実績としてあるのですが、まだまだ認知度は低いと思わざるをえません。

まず、伝統構法を行なっている建設会社が非常に少ない事、つまり大工さんも少ないということになります。

では、なぜ伝統構法を行なっている建設会社が非常に少ないかとなりますと、建築確認が通常より時間がかかるということがあるのかもしれません。
そして、工場でのプレカットで材料を調達するのではなく、「ノミ」と「かんな」で木材と日々向き合っています。非常に手間がかかります。^^;
そのため採用が避けられてしまうことが多くなってしまっているのでしょう。

しかし、4世代職人大工一筋の我々にとって、このすばらしい日本伝統の建設様式を廃れさせてしまうことがどうしてもできません。
この建築の特長や魅力をみなさんに知って頂きたく、ホームページを公開することになりました。

もちろんホームページの作成は自分ではできませんが、「最新のお知らせ一覧」にて更新できる仕組みとなっているので、大工としての思いや、いま取り組んでいる現場でのことなど、自分なりに更新していこうと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します。