伝統構法 刻み

刻み

Share Button

尼崎の家 刻み(大工がノミや、のこぎりで加工する)間もなく終了。

刻みが終われば、基礎(石場建て)に取り掛かります。

 

いま日本の建築の、おそらく95%以上はプレカットと言われる機械加工で、大工の技術を無くしても

家が建つ時代です。尾上組ではプレカットの実績はなく、大工が作る手造りの家を手がけています。

プレカットをしない理由として、「木の特性を考慮してない事」・「金物を多用すること」・

「高温乾燥材を使用すること」・「集成材が支流なこと」・「先人大工の功績を無視していること」。

気に入らない事が多いから・・・

伝統構法建築が万人受けするとは考えていませんが、家は機械が作るのではなく大工が造るのです。

手間・暇がかかりますが、後世にゴミを残さない「気持ちのいい家」を約束いたします。

 

 

伝統構法 刻み

 

 

伝統構法 刻み

 

 

伝統構法 刻み

 

 

伝統構法 刻み

 

 

伝統構法 刻み

 

 

ボール盤

 

 

このボール盤は最高に働きます。角鑿が、かわいそうなくらい。

 

 

薪ストーブ

 

 

薪ストーブ(焼却炉兼用)の役目もこれで最終になるか・・・

 

 

伝統構法 刻み

 

 

後は、仕上げて、養生して、サラシまいて、棟上げします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です