伝統構法で建てる平屋の家

平屋の家、建築中です。

現代では、建物を建てるとき、クレーン車を設置して、建前を行います。

しかし今回は、通常のクレーン車を設置するスペースが現場になく

初めて使う、ミニクローラクレーンで建前しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統の木組みをすることで自然と建物はまっすぐに建ちます。

筋交いや、金物は使用しませんが、木組みをうまくいかせるのは職人の技術力。

しっかり受け継いでいきます。

 

 

 

 

 

いつもより時間はかかりましたが、雨にも合わず上棟です。

最近は、雨に見舞われて大変な思いをしましたが、天気が味方で助かります。

 

 

Posted in おしらせ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です