無垢材の木組み

石場立伝統構法

Share Button

今年も寒さがピークでしょうか?

外仕事は、寒さとも戦いです。

現在、二部屋ほどの、石場立伝統構法で、建築中です。

いつ建てても、かけや(木槌)でたたく音は、良い音色です。

コンコンと部材が競り合い込栓を打ち込むことで、ピッタリと吸いつけ合う。

伝統技法の精密さと、見た目の美しさは、作り手側も、納得です。

 

 

 

伝統構法石場立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然素材の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然のものをごく自然に、木組みを多用し、構築していく伝統構法。

大工にとっても、棟上げは、仕事で一番緊張する工程ではないでしょうか?

しっかりと棟が収まったときの安堵感は、格別です。

次回、棟上げは、4月に予定しています。刻み加工が始まりです。

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です