201506221730

伝統の弁柄を塗り直しました。

Share Button

古民家の木材保護として古くから弁柄が塗られてきました。

とは言いつつも、現在では、めっきり見かけなくなりましたが、

ひょんなことで弁柄の塗り直しの依頼がありました。

僕も、弁柄を手にするのは正直初めてでしたが、顔料の造り方にも、

塗る人によってさまざまで塗るヶ所や色

これといって、決りは無いようで、僕なりの調合でネタを作ってみました。

 

201506041651

201506041651

 

弁柄は、錆を精製したもののようで、

まったくの自然素材です。

それはそうですよね。ずーと昔から塗られて

きた物なのですから。

混ぜる物によっては、水を弾いたり

虫よけになったり、先人たちは、よくこんな

ものを考えたものです。

 

 

 

201506211146

201506211146

築80年というとこかな?

玄関廻りで軒が深かったので、激しく傷んでは

なかったですが、塗り直しすることでまた保護

されます。

今回は、外部ということで、植物油を

混ぜました。

せっかくの自然素材(弁柄)ですので混ぜる

のも自然のもので・・・・

当然のこと。

 

 

 

 

この民家は、非常にしっかりした造り(構造)で中をぐるっと見させていただきましたが、僕が目指す

木組みがふんだんに盛り込まれていました。家の方は、あと20年(築100年)もたせたい。

と言っていましたが、500年でもへっちゃらです。  これは、しっかりメンテナンスしてあげれば、

大げさな話ではありません。

 

玄関を入ると、大きな土間があり、おなじみの貫構法が、浮き出た壁。

 

201506221731

201506221731

 

 

漆喰に、弁柄を混ぜたそうでした。

築80年とは思わせないな演出で客人をおもてなし。

住人のセンスにあっぱれでした。

見習わなければ・・・・・

 

これをきっかけに、今手がけているリフォームにも弁柄を施しました。

次回、アップ致します。

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です