チョンナ

大工の古道具

Share Button

刻み加工に突入しました。

最近、FBを始めたんですが、FBからの刺激的な投稿がおもしろすぎます。

特に同業者の投稿。

僕も最初は、使っていましたが、それは全く使えてなかったことにきずかされ、恥ずかしいばかりです。

というのも、若手の大工の中でも古い道具を駆使し現在も刻み加工をしているんです。

僕の場合は荒取りだったのだが、彼らはそれを意匠として表しにしていました。

 

 

大工道具

 

 

 

この道具で木をはつります。

ちょんなと呼びます。

 

 

 

 

 

伝統構法

 

 

挑戦しましたが、なかなかうまくいかず

身の危険を感じたので、いつもどうりの

道具(鑿と鉋)でやっちゃいました。

 

 

 

 

 

そのほかに、鉞(マサカリ)で製材する者も存在しています。

鉞とは、あの金太郎が担いでいた斧です。その鉞で材木を製材してしまいます。

 

 

身の丈で、仕事しま~す・・・

 

 

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です