構造見学会 開催

Share Button

     先日、加古川で伝統工法の構造見学会を開きました。

頑丈な家   

  構造に興味のある人は、極端に少ないのでしょうか?

 現在の住宅は、構造(骨組み)は仕上がってしまえば、ほとんど見ることは出来ません。

 まして引渡しまで拝見できないような住宅会社では、構造(骨組み)に、どんな材料(木材)が使われているのか

わからないでしょう?

              小屋組みすべて化粧です。
9寸の地棟 

 オノウエハウスは、この構造(骨組み)こそが重要で、言わば棟上(上棟式)までの<刻み>(手刻み)での仕事

こそが大工の仕事と考えている。

 近年では、プレカット加工(コンピューターによるオートメーション加工)が支流で職人の手が掛からない

ようになりつつあります。

 プレカットでは、マニュアル以外のことは、出来にくく、まして伝統工法建築の刻みなどできるはずは

ありません。

 オノウエハウスは、この刻みの工程に2~3ヶ月は、掛かります。これだけの手間をかけてこそ伝統工法

(頑丈な家)が誕生するのです。   ちなみにプレカット加工では、1日でしてしまうそうです。

              迫力満点9寸の地棟
昔ながらの仕方 
        
              オノウエハウス独自の耐力壁
 耐力壁 
       
みなさんも、住宅の構造に1度興味を持っていただけたら、また家の見方が変わると思います。それから

どのような家を建てるのか考えてみるのも良いと思います。

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です