記念市

Share Button

 今日は、四国高知県まで材木の市場へ、買い出しです。

市場

 材種は、99%が、桧でほとんどが造作材でした。

 最近は、こういった無垢の材料は、とんとでなくなったと聞きます。

 機械化に押され無垢の木を扱える職人(大工)は、どんどん減ってきている。

 また、建築のあり方も良い材は必要とされず安価な材が出回ります。

 それもそのはずで、構造材を覆い隠してしまう。そんな建築ばかりだからです。

 長寿命な建築を目指すなら、やはり材料にはこだわる必要が出てきます。

 無垢の材には、大自然の力が、つまっています。何十年とたっても、鉋を一回かけると

 木の香りが、出てきて、傷がいっても、たくましささえ漂わしてくれます。

 新建材では、味わえない感覚です。

 しかし、町の材木店もどんどん姿を、消しつつあります。

 物流の根本の、こういった市場から元気にならないことには、活気つきません。

 僕たち伝統を愛し、また受け継ぐ使命を背負っている者も、今のこういった現状を

 なんとか、打破しなければと悪戦苦闘の最中です。

 オノウエハウスでは、木の魅力を伝えたく、小規模ながら年に1・2回、木の見える家の

 見学会をしてきています。

 その際には、掲示さしていただきます。ぜひ御、来場ください。

Share Button
Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です