石場立て伝統工法

Share Button

   先日、小雨の降る中でしたが、日本古来の石場立て伝統工法で建前をしてきました。

   近所の、お堂です。  

      基礎は、柱の下には延石。
          束の下には束石。

石場立て

  日本建築の真髄  地震が来ても石の上ですべり免震効果を発揮します。

  地震大国の日本では、昔は皆この石場立て工法だったのです。

  オノウエハウスは、この石場立て伝統工法建築を継承する数少ない工務店です。

  柱立

骨組み

  伝統工法は、筋違を入れないため、貫や足固めなど仕口を多用します。

  もっとも足固めこそが重要と私は、考えます。

足固め

  
  今回初めて採用した足固めです。

  長年にわたり地震・台風など災害に耐えるには,こういう工夫が必要です。

 構造美

総桧造り

  伝統工法建築は構造を表しとするため、柱・梁・垂木・鴨居など大工仕事が

  随所に出てきます。今回は、総桧造りで見た目も非常に美しいです。

  今月中には,仕上がる予定です。

Posted in ブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です