風景に溶け込む伝統構法の家 上棟

灼熱の炎天下の中、また一つ伝統構法建築の棟が上がりました。

上棟の写真を順番に見てください。

 

 

石場建て

 

 

伝統工法

 

 

伝統工法 石場建て

 

 

伝統工法

 

 

伝統工法

 

 

伝統工法

 

 

伝統工法

 

 

伝統工法

 

 

伝統工法

 

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

こんな感じで、三日を費やして、ようやく棟が上がります。

おそらく、在来工法では、屋根も壁も一日で出来るでしょうが、伝統構法はそうはいきません。

こういった手間暇をかけることで、100年先にも、どっしりと佇む事が約束できます。

今回は、伝統構法に精通した、大工仲間の応援もあり、予定よりはるかに早く出来ました。

伊藤君、初棟梁でしたが、一つのミスもなく、完璧な上棟式でした。

もう僕の出番はないかも・・・

 

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

伝統構法

 

 

 

一服

 

 

一服時のこれは、効果絶大です。

やっぱり夏は、かき氷に限りますね~~~

こんな感じで、3月までやってまーす。  興味のある方は見学してください。

 

 

Posted in ブログ.

One Comment

  1. 伊藤さん、初棟梁での上棟、おめでとうございます。
    四代目も、伊藤さんにも、よき施主様(伝統構法、石場立て、土壁などを
    ご理解されている方)との、より多くの出会いがあり、それぞれの施工が
    施主様、棟梁、各大工さん共に、安全な上棟である事を、私なりに願っています。

m38 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です